« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

もっと太陽酒造の特徴を

立て続けにウエキです。

太陽酒造の特徴を書いた紙を店先に貼る事にしました。

080429_1609

よく見てみると、文の構成が若干、おとめ塚温泉の注意書きに似ています。なぜなら、おとめ塚温泉に入りながら思いついたから。

これで、多少分かってくれるかなぁ。

あと値札も変えることにしました。(値段は変わりません。)

それと、おとめ塚温泉はいい温泉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『和田美酒』が詰め終わりました。

ウエキです。

今さっき『和田美酒』が詰め終わりました。

総合計925本(720ml)。

25本多いけど、まぁ良しとしましょう。

で、やっぱり後半から出てきました。

お・り・が・ら・み☆

今回は720mlが10本と一升瓶が2本。

本当なら僕がくすねて家でチビチビ飲もうかと思ったけど・・・

売ります!!(720mlを)

今から、おりがらみラベルを作るんで明日になるけんど、欲しい方は『ブログ見ました!和田美酒のおりがらみください!』と、おっしゃってください。

限定10本お早めに。

(一升瓶のヤツはパブで売ります)

080429_1413_2

720mlの、おりがらみ。濁ってるのがわかります?

080429_1411

一升瓶の方、味わいはTHE 濃厚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お蔭様で配達三昧。

080426_1723 080426_1722

皆様のおかげで今日も配達三昧です。ありがとうッス!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人生で2番目に高い食事に、おののく。

昨日、舞子にある『有栖川』っていう料亭で日本酒と日本料理を楽しむ夕べ、みたいなもの招待された。

酒菜から始まり吸物、造り、焼き物・・・と全部で11皿。

初めての、ちゃんとした会席料理。その額¥15000。

そう、¥1500では無い。¥15000なのだ。

福澤さん1枚と女の人(名前知らん)が一枚の料理。見当がつきません。多分、金箔があしらってあるんだと思います。それ以上のことは分かりません。コンフューズです。

あぁ、木曽路しか行ったことない僕にとっては未知の領域。

ということで、料理紹介。

080425_1911

↑酒菜 鮑の酒盗ソースに花が生けちゃってますよ。

いきなりの上品におののく。普段食べてるもっこすのラーメンや吉野家の牛丼とは真逆の料理だ。酒によく合います。鮑をサザエに変えてスーパーなんかのウニくらげの横にあったら間違いなく手に取ります。要するに旨いってこと!

080425_1917

↑酒菜 生雲丹豆腐

濃厚でねっとりとした玉子豆腐みたいなやつ。旨かったッス!

このほかにも『フォアグラのアイナメ包み』やら『フカヒレの煮物』やら豪華な料理が色々出てきました。

全部、写真に撮ろうと思ったけど、あまりに旨すぎて撮ろうと思ったときには完食してました。凄いぞ料理長!!

いや~、たまにはこういう料理もいいですねぇ。ごちそうさまでした。

080425_1818

↑帰りに見たポスターのハンバーガーの値段におののく。¥3000

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっとこさ来ました。

080424_1642

太陽酒造の2代目ラベル製造マシーン、GX2500くん。

ランニングコストが安い!!水に強い!!音がうるさい!!バカでかい!!

これで『和田美酒』のラベルもにじみ知らず。

これからガシガシ使っていきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨ですね。

雨ですね。

こんな日はハンモックに揺られながら沢木耕太郎の『深夜特急』でも読んで、バーチャル海外旅行でもしながら、知らん間に眠ってたいです。

でも、ここにはハンモックも深夜特急も無いし、その前に仕事中なんで仕事します。

080424_1026

そんだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

僕はこいつをR25と言いたい

真面目な話から心機一転、ほがらかな話。

僕は梅宮辰夫の『シンボルロック』からbazooka cainの『here come the days of bazookacain』までありとあらゆる音楽を聴くんですが、最近、久々の名盤を見つけました。

そいつがこれ↓

Pccg215

ひらけ!ポンキッキ  スーパーヒット大全集

これ、25歳以上やったら間違いなくツボです。パブにもかけたいぐらいツボです。

入ってる曲がツボなんです。

Cimg0131

やせろ!チャールス豚三世なんて20年ぐらい忘れてました。

幼稚園行く前にテレビに噛付いてたのを思い出しますわな。

今聞いたらホント良いですよ、これ。懐かしい&歌詞がものすごい素直で良いんです。

『ケンカのあとは』なんてクラムボンかハナレグミ辺りが歌ってくれたら僕は\1050惜しまずシングル盤買います。まじで。

残念なんは、『はたらくくるま』が入ってないこと。でも僕はバシッと星5つつけます!!

ポニーキャニオンさん『トリビュート・オブ・ひらけ!ポンキッキ』作ってくれんかなぁ。

Cimg0129

ビールを飲みながらがR25スタイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒の価値観と三増酒の罪

皆さんは太陽酒造のお酒は高いと思いますか?安いと思いますか?

あるお客さんは太陽酒造の酒は安すぎると言います。

で、またあるお客さんは太陽酒造の酒は高すぎると言います。

ほんとに五分五分ぐらいで。

なんで、こんなに人によってバラつきがあるんだろうか。

僕に持論ですが、やはり戦後から続いている三増酒がそうさせているんだと思います。

三増酒とは戦中の米不足から続く純米酒をアルコールで三倍に薄めた酒のこと。

今では融米仕込やらα化など酒粕すら出ない酒造法もあります。

で三増酒の凄いのはメチャメチャ安く造れるところ。専務が聞く所によると切り詰めれば1L当たり70円で出来るそうです。

そんな酒がパック酒になってスーパーやらディスカウントストアーで1.8Lで\1000未満で売ってるんで、そりゃあウチの酒の値段を見たら高いと思って当然です。

しかし僕は太陽酒造の酒は安すぎると思います。

太陽酒造は全量手造りの純米無濾過生原酒。しかも使ってる米は全量兵庫県産山田錦。

手造りだから人件費も掛かってます。一般米ではなく山田錦だから材料費も高い。純米酒原酒だから米も大量に使ってます(和田美酒なんて一本当り360g使ってます)。生酒だから冷蔵庫で貯蔵しなければなりません。

はっきり言って太陽の酒は値段を上げないとやってられない位安い。

僕に言わせてもらえば、そんな酒が大手のパック酒と同じ土俵の上に上がってる時点でおかしい。

比較するものがあって初めてウチの酒が評価されるので三増酒が悪いとは言いません。でも大手メーカーが余りにも日本酒の値段の価値観を下げたのは事実。

じゃあ瓶とラベルを変えて桐箱に入れて高く売ればいいと考えるときもあるけど、ここの蔵は、そんなことするならもっといい材料を使ってやろうって考える蔵なんです。

消費者には中身の価値をわかって味わってほしいですね。

以上、真面目な話し終わり!!

| | コメント (36) | トラックバック (0)

明日、ウイングスタジアムで試飲販売します。

タイトルどおり、明日ウイングで試飲販売を行ないます。

和田美酒。

和田の美酒。

美酒。

勝利の美酒。

・・・。

ゴ~~~~~ル!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貪欲に新聞記事もブログに載せる

神戸新聞の神戸版と明石版に乗った記事を載せときます。

Shinbun_2

カラーですよ。姉さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスはある。でも注文は無い。

インターネットのショッピングサイトを立ち上げて早5ヶ月。

ブログと連動しているので、それなりにアクセスはあります。

でも、買ってくれるお客さんがびっくりする位いない。

なんでだ?

3月なんて売上\0だ。

なんでだ?

アクセスは1日に大体100件ほどあるのに。

なんでだ?

やっぱりクレジットカード導入した方がいいんすかねぇ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

和田美酒について

今日、神戸新聞に載りました。

しかも神戸版に載りました。

おかげさんで反響が来ています。

記者のOさん、素敵な文章ありがとうッス!!

で、どこで売ってるんだ?ていう電話での問い合わせが結構ありました。

ということで、ここで売っている店を公表しときます。

ピアさんばし

神戸市兵庫区笠松通7-3-4(三菱グラウンドの向かい側)

TEL 078-671-2690

木下酒店

兵庫県神戸市兵庫区上庄通2丁目2-13(和田岬バス停の近く)

TEL 078-671-1269

今のところ扱ってるのはこの2店のみ。

和田岬で飲み屋をしている方も興味があれば、お問い合わせお願いします。

長田のアップル、和田岬の和田美酒ぐらい局地的ポピュラーな酒になることを切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒粕の利用法

酒粕が余ってます。

いっぱいあります。

季節はもう春です。

もう誰も粕汁なんか作りません。

どうしようか・・・。

ここはひとつ、履歴書にも料理が趣味と書くこの僕が一肌脱ごうじゃないか!!

と言うことで酒粕を使った料理を作ってみました。

080411_2043

酒粕入り豆乳プリン黒蜜ソースで

材料

豆乳           350cc

酒粕           大さじ2

砂糖           大さじ3

粉ゼラチン       5g

バニラエッセンス   数滴

黒蜜          適量

作り方

①酒粕に少量の水を加えて電子レンジで30秒ほど加熱する。

②ゼラチンを水で溶いておく

③鍋に豆乳と砂糖と①を加えて弱火にかける(絶えずかき回すこと)

④80度ぐらいになったら火から下ろして②とバニラエッセンスを入れる

⑤荒熱をとってから容器に入れて冷蔵庫で冷やす

⑥黒蜜をかけて出来上がり

味は豆乳の後に酒粕の香りがフワッと広がってこれが我ながらなかなか美味い!!

今回は成分調整の豆乳を使いました。無調整だったら砂糖の量を増やしてください。コクをもっと欲しければ生クリームを足してもいいかと思います。あとバニラエッセンスはあっても無くてもどっちでも良いです。

皆さんもよかったらお試しあれ。

それにしてもOLさん達が喜びそうなデザートだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

嘘ついてました。

皆さん、すいませんでした。

私、嘘をついておりました。

太陽酒造は日本一小さな純米蔵ではなかったんです・・・

本当に日本一小さな純米蔵は京都は伏見にある『藤岡酒造』って言うところみたいです。

てっきりウチが一番小さな純米蔵やと思ってました。

まさか近畿圏内にそんな蔵が在ったやなんて!!

時間があったら今度行こうと思います。

午後からパンフレットを修正しようと思います。

080412_1142

| | コメント (1) | トラックバック (0)

和田美酒発売しました。

和田岬の酒、和田美酒が無事発売されました。

『ピアさんばし』と『木下酒店』に卸しましたんで、よかったら飲んでみて下さい。

居酒屋さんにも卸したいけど、案の定、専務が「営業なんかしても日本酒なんか取ってくれへん」の一点張りなんで、居酒屋さんには営業にいけそうにありません。

根付かしたいけど何も出来ない、そんな今日この頃。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

和田美酒と新聞取材

今日、和田美酒の件で神戸新聞の取材が来ます。

写真も載ります。

どうしましょ。

しかも、明石版だけではなく神戸版にも乗るみたいです。

どうしましょ。

取り合えず、お気にのジャージ(アディダス)を着込んでます。

今、僕が出来ることといえばそんなもんです。

取材が着たらバチコン和田美酒と日本酒に対する熱いソウルを言いたいと思います。

以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »